カレンダー
    07 ◇ 2017/08 ◇ 09

    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

プロフィール

    ぴかぴか

    • Author:ぴかぴか
    • 暑い日が続きますね。
      私は暑いの大好きです。



      姫路で暮らして、大阪で仕事。
      日常の興味のあることや、OSGeoの事とか書いてます。
      競馬もほんの時々。


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 コメント:- トラックバック:- [Edit]  Top Page.△

屋根の上の牛~

2008年11月19日[00:28:32]
学生の頃、エアチェックというのが流行っていて、要するにFMの録音なんだが、そこで流れていた曲を色々テープに録音しては聴いていた。

ある日、「屋根の上の牛」という曲がレコパルっていう雑誌の番組表にあがっていて、どんな曲何だかわからないから、録音してみると、元々チャップリンの無声映画のために作られたもので、「屋根の上のバイオリン弾き」の曲のモチーフにもなっているということだった。

エアチェックした曲を聴くのは好きだが、初めて聴く曲のエピソードがあると、更に親しみが湧く。

そのころ録音したテープも既にメロメロになって捨ててしまったし、また機会があれば聴きたかったんだが、CDとかで買うと他の曲がたっぷり入った奴の時間あわせみたいにしか入ってなくて、非常に割高。なかなか聴きなおす機会が無かった。

そんな昔のことを思い出しながら、Youtubeを探してみたら、
「Le Boeuf sur Le Toit, Op58 - Radio Symphony Orchestra Berlin」
というタイトルで、「屋根の上の牛」があった。
Youtubeって便利ね。



これは、初演されたものに近い映像シーンを再現したものか?

俺の曲のイメージはちょっと違ったんだけど、ミヨーのバレエ音楽はこんな感じの舞台だったんだろうか・・・

原曲版は、バーンスタインのものがあがっている。


大昔にエアチェックしたのもコレだったようだ。


ピアノ版は色々あるが、

は結構面白い。

ふと思ったんだが、Youtubeでこういうの観てると、それだけで満足しちゃって、購入する~
までいたる人ってほとんどいなくなるんじゃないだろうか。

前には、購買意欲が薄くても手に入らないので買っていたが、買わなくてもチラッと聴けたら満足する人って実際いっぱいいるよね。

もちろん、ネットをやっていない人は全く関係ない仮定ではあるが、最近の若い学生はほぼ100%PCはいじれるわけだし、ひょっとすると小学生のほうが俺よりパワーポイントウマいかもしれない時代に、仮定っていっても6割くらいは当てはまるかなと。

GoogleMapで地図業界のクビが絞まったように、Youtubeで映像音楽関係の販社の首が絞まるのもそろそろだろう。

ちらほら出てきた商品で、撮影した動画をすぐYoutubeにUPできる機能付きのムービー機やカメラがある。
ビクターの「Everio」とか。もうすぐ外国製の安物ががわんさか出てきそうだ。
Youtube動画に限っていえば、絶対安物勝ちだろう・・・、ビクターの読みは中途半端だ。
2006年にも「The Point & Shoot Video Camcorder」とか出ていたが、先取りしすぎ。
ケータイからもアップできるが、時間かかるんで、こっちはHSDPAにフル対応したケータイ待ちでは?

こういうのを使う人が増えてくると、映像を皆で共有したい人達からの莫大にアップロードが増えるし、今度はそれをダウンロードして簡単に溜め込めるiPodの贋物みたいなものが増えてくるだろう。
実際、ネットを意識しなくてチョッと操作して、映像がアップできたり取り込めたりするのはかなり便利だし!

flvをダウンロードして、mpeg4に変換してiPodに送るのは、色々ソフトでてるが、面倒・・・orz

いや、オレ動画いらねぇーしとか思っているあなた、間違っている。
音楽聴ければ別に映像があろうがなかろうがたいした違いはない。
観なければいいんだから。


Googleの携帯にドカッと搭載されそうな予感もする。
うーむ、またコレGoogleの一人勝ちか?
スポンサーサイト

音楽 コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

The Penguin Cafe Orchestra

2008年07月12日[17:39:16]
『Penguin Cafe Orchestra』 について前に書いたと思っていたけど、実は書いてなかった^^;
トニーライスユニットについては書いたのに。。。


ペンギン・カフェ・オーケストラ (The Penguin Cafe Orchestra)
イギリスの故サイモン・ジェフス Simon Jeffes(1949-1997)のプロジェクトで、70年代半ばにブライア・イーノの主催するオブスキュアレーベルからデビューして注目を集めました。

「室内環境弦楽奏団風クールミント不思議サウンド……」と称されていたそうです。
ジャケットにはそうは紹介されてなかったけど。。
クールミントとイコールとは思えないですね。

ジャンルはエレクトリカルに分類されているようですが、シンコペーションは多いけれど電子音楽に分けられるのはちょっと違うような。
これは初期電子音楽の時代に「ハローサンダカン」という曲があって、そういった流れに近いものを曲想に感じるからだろうか?
それとも、サイモン・ジェフスがそちら方面に興味があったからなのか。
微妙に不安定な感じを意識しながら演奏するスタイルは、相当巧い演奏者でないと難しいです。

このジャケットのアルバムでは、京都で購入した古い足ふみオルガンを演奏に取り入れています。
独特の響きは、スピーカーで聴くにはちょうどいいでしょう。

また、11曲目にはVenturesの「Walk, Don't Run」が入っています。

(今は、デジタルリマスター版が発売されているようですね。)

音楽 コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

Beatles と Carpenters

2007年11月25日[22:54:16]
トイレで文春を読んでたら、Beatlesの復刻版が初プライスダウンセールだそうだ。
安いって書いてあったので、近所の音楽広場で早速買ってきた。

¥1500は安い。
With the Beatles

ファーストアルバムから買おうと思ったんだけど、セカンドからしか置いてなかった。残念。
「Please Please Me」はまた探すとして、「With The Beatles」から。
そういえば、3枚目も置いてないな・・・「Ya!Ya!Ya!」もどっかで探すか。

iPodに入れヨット。

で、長女に頼まれたカーペンターズも一緒に購入。
彼女は、英語のヒアリングがイマイチになっていたんだが、しんやんに貰った「ATLANTIC RHYTHM AND BLUES」を聴かせたところ、復活したようだ。
次はカーペンターズが聴きたいらしい。

音楽って偉大!

ジャケットを見ていておや、と思ったんだけど、Beatlesは題名がそのまんまのものばっかり。
Carpentersはなぜか日本語タイトルと元タイトルが違ってるものが多い。

「I Need To Be In Love」⇒「青春の輝き」
「We've Only Just Begun」⇒「愛のプレリュード」
「Make Believe It's Your First Time」⇒「遠い初恋」
「I Just Fall Love Again」⇒「想い出にさよなら」

誰が訳したんだろ・・・
ずっと、「青春の輝き」だと思ってた曲名は判って良かったとして、
愛のプレリュードは^^;
Begun=プレリュード=序曲?
確かに、歌詞からはプレリュードでもあながち間違いではないようだが、、、

音楽 コメント:3 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

4つの伝説をゲット

2007年07月16日[01:23:54]
といっても、ゼルダではない。。。
あれは『4つの剣』
めっちゃめちゃ面白かったのに、子供がアドバンスと一緒に売っちゃった(ーー;)

いやいや、その話ではなかった。

20070716012038.png

シベリウスの4つの伝説「レミンカイネン組曲」の事です。
シベリウスというと交響曲や交響詩が有名で品揃えもそっち系
大津のイオンのHMV見ても、近所のBooks Beginを探しても、4つの伝説は無い・・・
くそー、聞きたいときに売ってないな、姫路

仕方が無いから、ネットでAmazoneから買うかと思ってたんだけど、Books Beginで「トルネラの白鳥」を視聴してしまったので、どうでも今すぐ聞きたい。

よく考えると、iTunes Store で買えばイーじゃん!
早速検索すると、¥900だそうです。上のアルバム。
高いような、安いような・・・

えぃ!買っちゃえ!!

ぎゃ!サンプルレートが128Kじゃん・・・ ̄□ ̄

音楽 コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

ケツメイシ発見!

2006年03月09日[13:56:27]
おっ、ここれは
近所のスーパーの薬局で「ケツメイシ」を発見した。
ケツメイシ


なんと、大好きな「ケツメイシ4」のジャケットカラーと同じ色じゃないか~

そこまでやるのか「ケツメイシ」
じゃ、前はこの商品パッケージは黄色だった?
「ケツメイシ3」は黄色いよ!

音楽界の「ケツメイシ」の由来はこの商品そのものだそうです。
中国で古来より下剤などに使用されている薬草「ケツメイシ」より引用。

”全てを出しつくす”という意味と、”見えない神秘的な”という意味

下剤→”全てを出しつくす”→”見えない神秘的な”

お腹が痛い→神秘的なものが来る??

あ、そういえば、月曜日の深夜、お腹が激痛で2時~4時まで寝たり起きたりトイレ行ったりしたなぁ~

特に神秘的な感じじゃなかったよ?
「ケツメイシ」使ってないけど。

そんで、一昨日は蒲田で会議の後、ビアクラブに立ち寄りました。
ビアクラブ

いいなぁ、この店。ビールばっかだよ。
飲んだことの無いビールが目白押し。
調子に乗っていくらか飲んでたら、やっぱりお腹痛くなってトイレに行く羽目に。
やっぱり、お腹が冷えて壊れてたんだぁ~
あんまり痛くなったので、ビァはギブアップしました。
最後にギネス飲んで、姫路に帰りました。

シモドイさん、お気遣いありがとうございます。
飲んでないビールがあります。

また行きましょう~^^)ノシ

音楽 コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

人生みな兄弟 ~気まぐれ班長に捧ぐ

2006年02月25日[01:52:51]
ドゥロンロンディロン、シュビラディン
オデーーエーエェーーォーー
ハァ
ズゥランザンデュラン、シュビラディン
ァドゥンドゥン、シュビラドゥンーー

詳しくはココ!


気まぐれ班長よ、

お前もすでに二十歳(はたち)を過ぎた。

やかましいことは言わん。

しかし、、

せがれ、がんばれ。

いい気分の大人になれよ。

音楽 コメント:3 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

NIRGILIS「sakura(cherry blossom)」

2006年02月12日[10:44:13]
春らしい歌

NIRGILIS「sakura(cherry blossom)」は、「交響詩篇エウレカセブン」(アニメ)のオープニングソング。
sakura-NIRGILIS

名曲「アメイジンググレイス」をサンプリングしたイントロでスタート!
うぁ?とおもいましたけど、爽快な女性ボーカルの声にどんどん引き込まれる感じが気に入りました。

サビからのcherry blossomは桜が舞い散るようなスピード感があって、まさに爽快!

俺も、早く自転車でお城の桜並木を飛ばしてゆきたいです~
待ち遠しいな~

NIRGILIS、メジャーになりましたね~
気まぐれ班長も頑張らないとね!

音楽 コメント:1 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。