カレンダー
    01 ◇ 2017/03 ◇ 02

    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

    ぴかぴか

    • Author:ぴかぴか
    • 暑い日が続きますね。
      私は暑いの大好きです。



      姫路で暮らして、大阪で仕事。
      日常の興味のあることや、OSGeoの事とか書いてます。
      競馬もほんの時々。


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 コメント:- トラックバック:- [Edit]  Top Page.△

MGOSのMobile対応

2009年03月10日[01:20:33]
FOSS4Gのあと少しゆっくり停滞気味になっていたMGOSのメーリングリストもこのところ色々なメッセージが飛び交っている。

Ubuntu版のMGOSLiveCD配布が良かったのだろうか?
シドニーのFOSS4Gの準備かな。

今日見かけたのは、MGOS/MEGNのMobileBrowserへの対応について。


> Do you test with mobile emulators?
> http://mobiforge.com/page/mobile-emulators
> http://emulator.mtld.mobi/emulator.php?webaddress=voxiva.com&emulator=sonyK750&Submit=Submit
> I have not had time to research it.
> please if you find out more about MGOS with mobile web browser share it.

ということで、どうやら mobiforge.com のエミュレーターを利用して検討を始めるらしい。

クライアント側については、現状のビュアーの仕組みを入れ替えてゆけばOKなので、DOMベースのデータなので、今よりもメモリ消費が少なくなれば、比較的楽に開発が進むだろう。どんなインタフェースが出てくるか、今から楽しみである。

サーバー側では、TileCacheサービスの生成するタイルに小サイズを指定したときのラベルの表示問題についての課題が出てくるだろう。
現状、TileCacheサービスでは、Futureのラベルの繰り返し起点が、キャッシュ1枚のサイズ中で決定されている。このためタイルサイズに100×100ドットなどの小サイズを指定した場合、道路や鉄道などのラインの地物名称(「JR神戸線」みたいな)、市町村境界などポリゴンの地物名称(「姫路市」みたいな)が、地図としてみると、出てほしくないところにラベルが出る。
これを解決するには、もっと大きなサイズの仮想タイルに対してレンダリングを行ったイメージを、再分割してタイルにする処理が必要になる。現行のGDRenderのソース内にはこの処理は見られない。
MGOSのTileCacheサービスはオンデマンドなので、プレ生成をせず、コールされた段階でキャッシュが引き当てられなければ生成が始まる。ユーザーセッション内でのタイミングのため、
1)より大きな仮想タイルを生成する間に、セッションが切れたり、遠く他のポジションへ移動した際の、生成中キャッシュの生成終了や廃棄管理、2)仮想タイルの他のセッションコールとの重なり管理、3)要求セッション数と消費メモリとの関係など、解決することが多く存在する。
キャッシュのプレ生成のサービスインタフェースも今より充実するかもしれない。

ArcGISServerのタイルキャッシュサービスのような解決になるのか、こちらも楽しみだ。(^.^)
スポンサーサイト

MGOS放浪記 コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

Ritsからの訪問者

2009年01月31日[00:00:00]
金曜日、立命館の湊君が、MGOSで小学校に提供しているシステムの相談にやってきた。

彼は、2年越しでこのシステムに取り組んでいて、去年は取り組み始めでプログラムの事もほとんど初心者だったが、今年はよく出来るようになっていた。

しっかりした学生さんである。

しかし、「MGOS」には、ドキュメントがさーっぱりないという巨大な壁が立ちはだかっている。

国内で、書籍が出版されたのは、俺達で作った一冊だけである。
現在、コレAmazonで売ってます!
オープンソースGIS-WEB構築ガイドブック

しかも今回の相談内容は、この本には書いてないテクニックについてだった。

内容的には、

「MGOSで出した地図上のシンボルをクリックすると、詳細内容を表示するウィンドウを出したい」

ということで、シンボルレイヤーの実体はACCESSのデータベースで小学生たちが学校の中を調査して見つけた生き物や植物が位置情報とともに登録されている。

詳細情報については、ログインしたユーザー毎に、自分で登録した情報は編集できるとか、先生は全部編集できるというコンテンツはすでに作っていた。
なるほど、それなら話は早い。

正解を言うと、詳しくなるので、またの機会にこのブログで説明するが、

簡単にいうと、MapGuideStudio(あるいはMaestroを使う)で、レイヤー設定をした際、URLイベントを登録しておく。PHPなどで作成したソースに引数で図形の属性を渡して、処理をすることができる。
チップヘルプにコンテンツを出したい場合は、チップヘルプにHTML文を書き込むだけで表示ができる。
意外と簡単にポップアップ表示を作ることができるのだ。

困ったことは、MapGuideStudioにもMaestroにもここに何をどう書き込めばよいかというドキュメントがないことだ。
きちんとドキュメントを書くだけで、MGOSのシステムが初心者ユーザーにはかなり使いやすく設計されているという事に気づくだろう。

つーことで、も一回本を書いてみたいんですけど、オートデスクさん。。。

てなことで、朝9時から早速湊君と作業を始めたのだが、さっぱりうまくいかない。
チップヘルプも出ないし、登録されたレイヤーによっては、選択さえうまくいかない始末だ。
アレー?俺間違ってたかな?

「・・・、変やな~」
と思って、自分のマシンでやってみると、出るじゃん。

ちょっとマシンを見せてもらったところ、大変遅い。
「遅いんですよねぇ、これ」

と言われて、メモリを見ると24xxxxx....となっていて、一見2GB搭載されているようにも見える。

しかし、じーーーとその数字を見ると、256MBしか搭載されてなかったですwww

orz

いやいや、256MBのマシンで「Windows2003Server R2」動かして、更にMGOSを立ち上げて、データベースを20くらいリンクしていたのか・・・
2人とも気がつかなかったのが不思議。

道理で動かないわけだ、、、というかこれでマップが表示されていて動いているのが不思議!
逆に感心してしまいました。

昼飯を食べながら、

「まあ、この分なら昼からもうちょっとやればできるから、引数わたしの件を調べてる間に、マップの調整をしといたら?」

といって、午後はそれぞれ作業をしてたのですが、さて結合しようかなとおもって、データ頂戴っていったところ、
「いやー、少しいじってたら出なくなったんですよね・・・」

プチ切れしてしまいましたが、、、

そこは後でメモリ積んだマシンでやってもらってリカバーしてもらうことにして、何とか8時ごろ、めでたく最初の相談通りの詳細画面が出るようになりました。

ふぅーーー、ちゃんと出来てよかった。

ところで、立命館はマシンのUSBウィルスが蔓延しているとの事。
データを貰うのに、USBメモリを持ってきた256MBのマシンにつなぎましたが、早速USBメモリが感染しました。「Win32/Pacex.gen トロイの亜種」という名称のようです。
持ってきたマシンにも一応マカフィーの最新版が入ってるのですが、感知できないようです。

マカフィーはダメやん、やっぱり。

NOD32ではきちんと捕獲できるようです。

256MBのマシンは、ウィルスも動いてたんかい!!\(^o^)/

MGOS放浪記 コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

ググレカス?

2008年11月21日[00:32:35]
今日、MapGuideのUserメーリングリストで見た質問

gg02.png

なんだかスゴイ初歩的な質問である。

答え

そんで、速攻フォローが!!と思いきや、、、

nabble.com のこのアーカイブは一番最新のスレッド全部のアーカイブである^^;
つまり、ググレカス?
親切なんだが、なんなんだか。

時々、笑っちゃうようなやり取りがあるのも、メーリングリストの楽しみ。
FDOのメーリングリストも昨日覗いたら、面白かったし。
ぜひみなさんに購読してもらいたい。

MGOS放浪記 コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

オークニーに行ってみた

2008年06月18日[20:02:51]
オークニーで開催されたセミナーに行ってきました。

18日「これからのWebマッピングとは―Where2.0 2008参加報告を兼ねて」

というタイトルで、5月下旬に大阪で開催されたOSGeo.JP大阪ミニイベントでの森さんの発表をしながら、Were2.0に参加された他の方のコメントも聞けて、お話ができるという座談会形式のもので、非常に楽しかった。

(写真なくてすみません)

MMパークビル13Fの新しいオークニーオフィスはすごく広くて(窓越しに見ただけですが)、綺麗でした。

いいなぁ、俺もこんなオフィスで仕事してみたいな~

おそらくまた、

「不思議だ。新しい場所なのに全部同じに見える」

ってことになるんだろうけど orz

マピオンの方にあったので、ここギコさんの近況をお聞きしたところ、ひじょーーーに忙しくしておられるとのこと。良かった、生きていた。

しかし、仕事が忙しくなると、ブログって書けなくなるってことは、マズイ、俺は・・・・

MGOS放浪記 コメント:1 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

GoogleMapsの地形図-って、、、

2007年12月02日[23:34:30]
横浜スローライフとかココぎこさんとかですでに紹介されてますが、GoogleMapsに地形図がでたのね。

おおーとおもって、ズームすると、やっぱり皆さんの書いている通り。

拡大地図を表示
トーンが変わってる部分があるし、あっちこっちでメッシュがうっすら見えてます。
大体1メッシュ200×200ftでしょうか。

日本のデータだけかなと思って、本家のGoogleMapsも見てみましたが、色合いは同じですね。
でもこっちのマップは操作が日本の物と違ってる。

なんだかこうやって次々公開されると、「もうコレで十分だ」とか思っちゃう人が大勢出来ちゃって、「こんな品質でいいんかいな」という声が出せなくなっちゃうような気がします。

ということは、Googleさんには、もっとまともな品質で出してもらわないとね。

◆続きを読む・・


MGOS放浪記 コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

OSGeo.JPミーティング終了

2007年11月13日[13:17:03]
OSGeo.JPミーティングにお集まりの皆様
本当にお疲れ様でした。

オークニーの森社長は、本当にバイタリティがあります。
毎日ブログで報告なんて。
オレは、この2週間で睡眠不足のため脳が活動しなくなり、クタクタになっちゃって、ブログの更新もままなりませんでした。。。。

あ、元々さぼり気味でした^^;

いろいろと反省もあります(主にネタが滑った件ですが・・・)。
ご報告はまとめて夜にでも。
今は寝ます。。。

P.S.
大阪でココギコさんにお会いしました!!
凄く嬉しかったです。
また見かけたら声かけてくださいね。

MGOS放浪記 コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

OSGeo.JPへようこそ

2007年11月10日[18:00:00]
OSGeo.JPがやっと動き始めました。

でもって、
関西オープンソース2007で、再始動を行うそうです。
このくらいの勢いだったら~wwwこのくらいの勢いで・・・^^;


OSGeo.JP カンファレンス(大阪)
–創造都市を支えるオープンソースGISの最前線
11月9日~10日に大阪南港ATCで開催されます。
今回は、US、カナダ、イタリアからFOSS4Gで活躍する主要メンバーが4名来日し講演するという、めったにない素晴らしい機会です。オープンソースGISにご興味のある方は、是非ご参加ください。
参加無料、事前登録不要です。


しかし、南港って遠いんだけど(ーー;)
皆さん奮ってご来場下さい。。

オープンソースの世界で有名な人たちがいっぱい来てるそうです。
リチャードストールマンは居ませんけどね。

MGOS放浪記 コメント:1 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。