カレンダー
    10 ◇ 2009/11 ◇ 02

    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

プロフィール

    ぴかぴか

    • Author:ぴかぴか
    • 暑い日が続きますね。
      私は暑いの大好きです。



      姫路で暮らして、大阪で仕事。
      日常の興味のあることや、OSGeoの事とか書いてます。
      競馬もほんの時々。


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 コメント:- トラックバック:- [Edit]  Top Page.△

最終日もお土産さがし

2009年11月16日[10:38:22]
つか、朝起きたらまた雨だったんですけど。

今日は、取引先の社長さんがお勧めのクインシーマーケットに行ってみました。
Omni Park Houseからは歩いてすぐです。
しかし、HT-03AのGPSがFIXする(使えるようになる)まで、Government Centerの広場で10分以上立ち尽くしてました。
なんでこんなにFIXに時間かかるんだ、こ奴は
DSCF6088.jpgDSCF6089.jpg
朝10時前なんですが、かなり雲が低く垂れこめて、霧雨になっています。
昨日は結構土砂降りだったんで、今日のほうがましです。

DSCF6090.jpgDSCF6091.jpg
クインシーに行ってみると、まだやってません。
開店は10時からぼちぼちで、お昼からのところもあります。

GAPがある建物のところで、クリスマスのツリーの準備をしていました。
DSCF6093.jpgDSCF6094.jpg
枝の剪定をやっているところです。雨が降ってるんでステップでさぎょうするのが大変そうだな。
まだ開いていないクインシーを見て回ってると、これってアウトレットの作りと同じじゃんと思いました。
結局こういうところを切り取って真似てるだけなんですよね。
(品物は圧倒的にアウトレットが豊富だけど・・・)

DSCF6095.jpgDSCF6098.jpgDSCF6099.jpgDSCF6100.jpg
クインシーから西にいったところにある、路地沿いのショーウィンドウではクリスマスの飾り付けがされてました。これをみると、BOSTONの赤いロブスターのぬいぐるみも活かせるかなと思います。

DSCF6101.jpgDSCF6102.jpg
ぐるっと回って、古い古いバーがあるところです。中を覗くと大変イイ感じ。一人だとちょっと騒ぎにイケないので、FOSS4Gがボストンであったら、こういうところに毎夜突入してるでしょう。

DSCF6103.jpgDSCF6104.jpg
DSCF6105.jpg
通りを渡って振り返ると、高層ビルの上に雲が引っ掛かっているのが見えます。
あのあたりにいたので、霧雨も仕方ない。


DSCF6106.jpgDSCF6107.jpg
せっかくなので、大西洋も見ておこうっと(内湾だけど、いちおう大西洋側ってことで)。

DSCF6108 パノラマ写真
おー、正面が空港のあるあたりになります。左の橋はトービンメモリアル橋で、開けたところはボストン湾ですね。
(あとでパノラマ写真にしました。)

DSCF6113.jpgDSCF6114.jpg
DSCF6115.jpg

ぶらぶらしているうちに、11時ごろになって、店も開いたころかなと思い、クインシーに戻ってみます。
途中、覗いた通りなんかを写しつつ・・・
しかし、大体このへんGoogleストリートマップが走ってるから、別にとらなくても街並みはわかるんだよな。

DSCF6116.jpgDSCF6119.jpg

クインシーの建物は教会を改装したので、中は天井がドームになっていて、雰囲気が良いです。
通路の両側はフードコートなんで、ケバブ屋さんとかハンバーガー屋さんとかピザ屋さんとか、、、そういう店がぎっしり並んでます。
お昼はターキーサンドとミニッツメイトにして、写真のドームのあるところの下のベンチで他の観光客の人達と一緒に食事しました。
どれも大変な量なんで、、、ああ、シドニーのように皆とシェアするほうがいいな。

で?

クインシーにはお土産を買いに来たはずなんですが、無いよ、欲しい物が。
やっぱり今日も、Copleyに午後から出かけるか。
スポンサーサイト

近頃は・・・ コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

昨日も今日も雨模様

2009年11月16日[10:28:00]
昨日の土曜日は、天気予報通り雨でした。
結構降っていたんで、ホテルで仕事をして、夕方ちょっと取引先に顔をだすことにしました。
コンビニで食糧とお菓子を買おうと思って財布の中身を見ると、もうすでに21ドルほどしかありません。
これは困った。ホテルのコンシェルジュに聞くと、土日はやってるところがほとんどないので、CopleyのCEIってところかTravelExに行きなさいということでした。

DSCF6086.jpgDSCF6087.jpg

ParkStreet駅からグリーンラインでCopley駅まで行って、CEIを探します。プルデンシャルセンターショッピングプラザ近くにあるような住所なので、まずそこに行ってホテルでもらった地図を見せたところ、ここじゃなくってMariottのビルだということ。
早速通路をわたってみると、昨日は街中を走ったり、河を渡っていた「TourDuck」ツアー用の車が大量に止まってました。そりゃ雨の中、河川の観光は無理だねぇ。

通路を渡って、Mariottのロビーで、地図を見せると、プルデンシャルセンターショッピングプラザのほうじゃない?とのこと。

だんだん怪しくなってきました・・・

で、プルデンシャルセンターショッピングプラザ内の住所101の受付で聞いて、Mariottのビルだって言われて、また戻って聞いたりして。
電話貸すから電話してみればっていうんで、借りて電話すると、出ないよぅ。
結局、「CEI」は亡くなってるんじゃない?って聞くまで1時間は掛かりました orz

そりゃ、みなさんどうも御親切に。
考えてみれば、地元の人は利用することないんで、知らない人が多いし、大概AMEXのカードで現金おろしてるわよって言われて、まあ普通はそうだろうなと思いました。

足が棒になって、ずぶぬれになったので、プルデンシャルセンターショッピングプラザ内のフードコートで中華プレートとスープを食べて、ホテルに帰りました。

夕方また、MITのほうへ出かけて、帰りにMIT COOPでお土産を買いました。
実験ノートとかあったので、見てると、2枚つづりでカーボンコピーになってます。
1枚をレポートで提出するとのこと。日本じゃやらないのでお土産にしても使わないな・・・
Tシャツとかは、色々面白いキャッチが印刷してあって、どれも一つ欲しいんですが、Tシャツは買ってこないでというお達しがあるので、別のものを物色したのですが、でっかいでっかいマグとかでっかいでっかいスープカップとか、持って帰るのに骨が折れます。結局無難なものをひとそろい買って退散しました。

ボストンは雨も似あう街並みですが、今日はちょっと収穫なしです。

近頃は・・・ コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

ボストンにて4日目?かな?

2009年11月14日[09:29:33]
日本とボストンと日付が違うので、ちょっと何日目か判らなく・・・orz
昨日の残りの写真と今日の残りの写真がごっちゃになってるが、気にするまい。

DSCF6039.jpgDSCF6038.jpg
今日はまた曇りで、帰国するまでは曇りか雨のようである。
いやだなぁ、それは・・・。

DSCF6034.jpg
明日、買物に行く、MIT付近をとりあえずチェックしながら帰る事にする。

サムソンさんに教わった、お勧めのMITミュージアム
DSCF6035.jpgDSCF6036.jpg
レーザーホログラフがあるそうだ、楽しみ。

DSCF6037.jpg ここは何なのかちょっとわからない。倉庫?

DSCF6040.jpgDSCF6041.jpg
帰り道、少し感じのいい場所を写真に収める。橋から眺めた丘になったところ付近になります。
アンドリューさんのお勧めポイント。

DSCF6042.jpg
改装中の建物かと思ったら、FOX25のスタジオだった。中をちょっとのぞくとなにやら撮影中だったりして、ローコストな番組作りなんだろうかね。どうりで、ホテルを出ると毎日テレビ局の車がウロウロしてると思った。

翌日(今日なんだが)歩き回ったトラック。
朝は寒かったが、だんだん曇りが激しくなって逆に暖かくなってきました。
BOSTON_WORK.gif
取引先は今日は忙しいそうなので、夕方少し顔をだすことにして、ジョンさんに教えてもらったお勧めの場所に行く事にする。

DSCF6043.jpgDSCF6044.jpg
ホテル近くのボストンコモンに立ち寄って、写真に収める。落葉と芝の緑が大変美しい。

DSCF6045.jpgDSCF6046.jpgDSCF6047.jpg
えーっと、コロンブスアベニュー付近だと思われる・・・。実はちょっと思ってたところと違う場所に出てウロウロしてるところです。農園直販のお店が今から開店っていうところでした。


DSCF6048.jpgDSCF6049.jpg
やっと目的のプルデンシャルセンターショッピングプラザに到着
ボストンのWARMAHEARTキャンペーン?でたくさんの人型がディスプレイされてました。ざっと200以上あると思われ。


DSCF6051.jpgDSCF6052.jpg
中は結構たくさんのお店があります。あっちこっちはいる時間がないので、スルーしましたが。

DSCF6053.jpgDSCF6054.jpg
次の目的地、レッドソックスの聖地へ向かってGO!

DSCF6055.jpgDSCF6058.jpg
DSCF6059.jpgDSCF6060.jpg
マザーズレストっていう公園付近です。

やっと、フェンウェイパークまで到着!
DSCF6062.jpgボストン0
おー、優勝の看板が並んでいます。2004年が特に、呪いから解放された年らしいですね。

DSCF6070.jpgDSCF6072.jpg
DSCF6073.jpgDSCF6074.jpg
レッドソックスのお土産を買って、退散!シーズンオフなんで、グッズが余りそろってないし改装中だったりして、ガタガタうるさかったです。しかも値段が高めに設定されてたりしてorz


DSCF6075.jpgDSCF6076.jpg
DSCF6078.jpgDSCF6080.jpg
DSCF6081.jpgDSCF6083.jpg
コモンウェルズアベニューを通って、次の目的地、MITまで移動します。
ウェルズっていうだけあって、イギリス調の街並みが大変美しい!!(イギリス行ったことないけど、これで満足しておこうっと)
スピルバーグの宇宙戦争の最後でこんなところにおばあちゃんの家があったような気がする。
どこで撮影したんだろうか・・・


MITミュージアムにやっとたどり着いたら、閉まる前の夜でした。
DSCF6085.jpg
最初にこの写真を持ってきたのはなんでかというと、このマシンは知る人ぞ知る世界最初の「Lispコンピューター」。MITはLispの開発者ジョン・マッカーシーのフィールドなんですね。ウチの会社にはこれの後の製品版「シンボリックス3640」がありました。世界で6台しかないマシンがですよ。
当時シンボリクスの海外パンフレットにもユーザーとして名前がのってました。
当時何に使ってたかは、、、人工知能ですね。

2009-11-13 15.48.462009-11-13 15.58.57
サムソンさんが言ってたホログラムのMITの建物です。スクリーンがA1サイズと大きいので裸眼でも結構飛び出して見えます。右はいま力を入れているDNA関係のディスプレイですね。DNAについてはここではなくて、別の場所にDNA Atriumという大きな建物があります。

2009-11-13 15.59.542009-11-13 16.03.52
2009-11-13 16.04.282009-11-13 16.04.38
最後は、初期のころのメモリー。
TX-2という、64kワードの磁気メモリーです。いやーこの目で見られて良かった。
雑誌でしか見たことなかったからなぁ。
MITの人たちは恵まれてますね。
毎日でもこういう、世界初!みたいなものを見ることができるんですから。

ちなみに記事は日本時間ですが、今は夜の9時57分ですよ。
さて、そろそろビールでも飲みに行くか (^O^)

近頃は・・・ コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

ボストンにて3日目~デジタルサイネージ~

2009年11月12日[19:17:05]
「昨日と違う今日」っていうのはこういう日だろう。
今朝も徒歩で取引先まで出かけたが、今朝は快晴で、風景は昨日とだいぶ違っていました。

DSCF6009.jpgDSCF6010.jpg
DSCF6011.jpgDSCF6012.jpg
DSCF6013.jpg
昨日はなかった街路樹の枯葉が、たくさん道につもって、歩いてる途中にもたくさん散ってました。
町並みは昨日見たモノトーン調と異なってカラーが美しい風景になってました。
しかし、昨日より寒いぞ・・・

DSCF6014.jpgDSCF6015.jpg
橋の途中で枯葉のなかに気になるものを見つけました。
トラフィックカウンタの装置のようです。なかなかワイルドな取り付け方で、盗る人はいないんカナ。
付近をきょろきょろして、ワイヤーをひっぱってどこに計測装置があるのか調べたんですが、通行人が来たので止めました。
あぶないあぶない。

DSCF6016.jpg
この建物はなんだか煙突がたって毎日もくもくなってるんですが、発電系?
明日調べてみよう。

DSCF6017.jpgDSCF6018.jpg
MITには建築中の巨大な建物があります、その一つがこれ。もう1つは夕方車で送ってもらってる際に見せてもらったんですが、どっちかがハーバード大の発注だったんですが、不況のため途中でキャンセルになったそうです。幾つかの建物にはハロウィンの飾り付けがされてました。

DSCF6020.jpgDSCF6019.jpg
DSCF6022.jpg
さて、取引先のお仕事ですが、マルチディスプレイを統合して、巨大なディスプレイ空間を作り出す技術を売り物にしています。この技術で統合されたディスプレイ空間は写真の球面や円筒形、非常に横長とか折れ曲がった投影が可能で、100万ドット×1000ドットとかいった、これまで見たことのない映像空間を簡単に実現することができるのです。

DSCF6023.jpgDSCF6024.jpg
特徴は、

・これまでプロジェクターメーカー毎に独自で行っていた調整作業が、一発で完了
・組み合わせレイアウトが自由
・これまでよりもコストダウンが可能

ていうことで、USAでは政府やPIXERやDISNEYなどさまざまなところで利用されています。
特許を取得しているため、国内メーカーが同様の技術を出して展開するのは困難です。

DSCF6025.jpgDSCF6027.jpg
映像系の技術が中心の取引先ですから、見たことがない製品が集まっています。
来年どこからかでる6チャンネル対応のビデオカードですが、製品番号は「2」
こういうものをじかに見られて感激です。すごくバグってたのが印象的でした。

DSCF6029.jpg

つうわけで、6台のプロジェクターを使って2台のPCで1画面を作成する途中の写真です。
左の3台のプロジェクター分は適当に配列しただけで、右の1画面分は別のPCの3台のプロジェクターの合成画面です。これを1画面にしてビデオを再生するというトレーニングをやってました。
実際にはすぐ終わってしまうんで、この後の再生中の画面は撮影してなかったのが残念です。

あれ?あんたGISじゃなかったのって言われそうですが、こういった大画面をスピーディに設置して、巨大なスクリーンに画面を映し出すのは、GISにとっても大切な技術です。
災害時の対策などでセンターを急に設けたとき、巨大画面がひとつでもあれば、いろんな情報を一度に表示できるだけで、情報共有の効率が上がると考えられるからです。

興味のある方、買って!

近頃は・・・ コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

ボストンにて

2009年11月11日[22:21:28]
FOSS4G2009が終わったと思ったら今度はボストンに来ています。
シドニーは暖かかったのに、ここは寒い。
なんだかどんよりした天気で、シドニーの明るさと正反対の気分です。
取引先になる会社は初めて行くんですが、1回スカイプで話したきりっていう飛び込み具合で、我ながら苦笑するところがあります。

写真に写っているRedLineという地下鉄線に乗ると一本で取引先まで行けるのですが、
DSCF0987.jpg
場所が判らなくなるので、HT-03AのGPSを片手に徒歩で取引先まで行きます。


大きな地図で見る

宿泊先のOmni Pakers Houseから、北周りにケンブリッジストリートしばらく西に歩くと、ロングフェローブリッジを越えます。
歩いてきた街はこんな感じです。

DSCF0988.jpgDSCF0989.jpg
DSCF0992.jpg

MIT付近まで来ました。GoogleMapsで見ると奇妙な建物があるんですが、横から見るとこんな感じです。暇を見てMITも突入します。
DSCF0997.jpgDSCF0993.jpgDSCF0995.jpg

以前、サンディエゴに行った時に写真に撮った消火栓とパーキングメーターとはちょっとデザインが違いますが、ボストンはこんな感じです。(モノトーンっぽいですね)
DSCF0996.jpgDSCF0998.jpg

取引先のある、Central Sqare Station付近はちょっと地味な感じです。
DSCF6002.jpgDSCF6003.jpg
DSCF6004.jpg
今日は通りがかりにマックで無線アクセスポイントを拾おうと思い、朝ごはんをマックで食べましたが、スターバックスがあったので、明日はそこに行ってみよう。

DSCF6008.jpg
帰りも当然歩きですが、朝と違って、夜景は奇麗でした。
つか、歩いて帰って安全なんかな???

近頃は・・・ コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

FOSS4G2009 OSAKA 終了!

2009年11月08日[17:22:07]
FOSS4G2009やっとおわりました。
今年のFOSS4Gは、長い長いサーカスの巡業のような感じでした。
隊長の、シドニー→東京→大阪のツアーがこんなにきついとは思わんかった orz

今年も古橋さんが異常に燃えて頑張ってくれたおかげで、充実した開催内容になったように思う。
OSGeo.JPのコンテンツもわかささんが作り直してくれて立派なものになった。
IMG_1637.jpgIMG_1626.jpg
IMG_1616.jpg

東京はフェリス女学院大学の清楚なサポート隊が本場FOSS4Gとまではいかないものの、なんと無料サービスのカフェを開いてくれた。

IMG_1669.jpgIMG_1679.jpg
大阪は帝塚山学院大学と大阪市立大学のキュートなサポート隊が出展会場を大いに華やかにしましたよ。3年やったがこんなに賑やかしいブースは初めてだ!

IMG_1686.jpgIMG_1689.jpg

ジュンク堂さんが、GRASS日本語版の初版を取扱ってくれて、高い本なのに飛ぶように売れたのが印象的でした。ありがとうございました。欲しい本がいっぱいありましたが、破産するのでまた今度買わせてもらいます。

しかし、シドニーは行った甲斐があった。
sydney-mozaiku.jpgシドニーいいとこどり
講演風景

OSGeoのコミュニティに参加する人たちと、それを支える仕組みは思いのほか大きなものだと感じました。
OSGeo財団日本支部で、いつかFOSS4GJAPANを開催するい日が来るでしょう。

日本のコミュニティもそのころまでには立派な組織になっていてほしいです。FOSS4Gの支部活動の中では勢いは凄い部類なんですけれど、国内のFOSSS4Gの知名度とみなさんの参加意欲はこれからってところです。

ちなみに、OSGeo日本支部の最年少はいくつでしょうか?

答え:2歳(はなちゃん)

来年が楽しみです。バルセロナにはたくさんの人で行きたいです!

OSGeo.JP コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。