カレンダー
    06 ◇ 2010/07 ◇ 08

    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

    ぴかぴか

    • Author:ぴかぴか
    • 暑い日が続きますね。
      私は暑いの大好きです。



      姫路で暮らして、大阪で仕事。
      日常の興味のあることや、OSGeoの事とか書いてます。
      競馬もほんの時々。


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 コメント:- トラックバック:- [Edit]  Top Page.△

もうすぐFOSS4G2010

2010年07月26日[01:21:28]
9月にバルセロナでFOSS4G2010が開催される。

FOSS4G2010の会場と宿泊先の位置は、こんな感じ。


Agrandir le plan

Aが宿泊先のアパートがある場所で、右上2km位にサグラダファミリアがある。
Bはカンファレンス会場で、毎日青い線の間くらいを往復する。
さすがに今回はいいカメラを持っていきたいなと切実に思う。

Aのところを拡大すると、DryMartiniっていうアイコンが目立つが、Géraldはまさかこれで選んだわけじゃないよね。

カンファレンスの期間一週間ほど、このアパートに7人くらいで暮らすらしい。。。

クリックでアパートの詳細表示


€1100位なので、頭数で割ると一人20000円程度の出費で済むところは素敵だ。
旅慣れた外国の人たちに任せると、こういうアレンジが素晴らしいなと感じる。
毎日、JeffとGéraldとNicolasと先生と吉田さんと俺とゲスト?メンバーがごった返していると思われる。
オープンプライバシーは全くOKとして、このソファに毎日みんなが座って賑やかに騒いで、最後の一人が止めるまでお酒が続きそうなのが心配。

キッチンがあるが、誰が料理するんだろうか?(大体予想はつくけど)
宿代は安いが、お酒代が高いようにも思うな・・・
と、色々考えている。
スポンサーサイト

OSGeo.JP コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

gvSIGMini の開発(5)

2010年07月22日[21:42:02]
ローカライズは完了して、ひとまず一通り動いたので、さらに改造中だったが、おとといSVNを確認したら、リビジョンが550に上がってた。

ひとまず、ローカルに落として、、、いや、別のフォルダに落とそう。。。

diffをとってソースを確認したところ、レイアウトは変わっていないが、ソースは幾らか手を入れてある感じ。

マニフェストを見るとバージョンが1.0に上がってる・・・
えっ、0.3から一気に1.0??

メモメモφ(・_・")

リビジョン550は、どうやらソースが幾つか欠落しているようだ。
common.IEvent やその他のインポートについて記載があるが、実際に.javaファイルが見つからない。。。

orz


昨夜、梅田でレクチャーの後お酒を飲んでいた時に、Eugenioに「SVNでtrunkに動いてない欠落したソースをチェックインするなんてあるのかな?」とコンパイルできない件を話すと、「スペイン人~www」
とのことだった。

えっ、えっ??やっぱりスペイン人だからなのか・・・??(汗

OSGeo.JP コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

WMS比較っていったい?

2010年07月21日[00:18:09]
FOSS4Gハンドブック作成で、いつの間にか地理データサービスの執筆担当になってました。(苦笑
で、毎夜中あちらこちら検索して回ったり、確認して回ったりしてます。

今日、「電子国土 WMS」で検索してみたところ、下のような結果に・・・
電子国土で検索


お、二つ目がOSGeoのdiscussメーリングリストだ。
とおもって右のほうを見ると、「WMSを比較検討 厳選各社に一括で資料請求!最新情報も随時掲載中。」なんてリンクが!!
こりゃー手間が省けたが、厳選各社ってどーいうことよと思いながらリンクをつくと、、、、

WMS比較?

なんだ、倉庫管理システムか。。。がっかり

ちょっと回り道して無駄時間を使ってしまった。

ついでに電子国土【国土交通省国土地理院】の地理情報共用Webシステムゲートウェイをいじってみました。

感想はひとつ。

遅いんだけど。。。。遅い、まるで1980年代にワープしたみたいだ。
ガンダムで言うと「ザクタンク」ぐらいにどうかと思う。
いやいや、そんなはずは、きっとこれは試作品で、足なんかどうでもいいくらいの勢いのモデルに違いない。

(ほかのWMSサービスが各々遅いのは仕方がないとして、背景の電子国土自体が遅いのは、まるでザクタンクのキャタピラみたいだと言いたいようだ・・・)


だが本心は、国民のお金をつかってるんだ&国土地理院は国の地図の最高機関でしょっとおもってるので、

国の威信にかけて、とっととシャア仕様のマッハの速度で表示する物を作りなさい。いや、作らせろ。キリッ

ちなみに、「WMS on WMS」(造語だが・・・) ってのを作ってくれると国民(のほんの一部)が助かる。
WMSのスーパーセット配信サービスで、WMSをチョイスした画像をWMSで再キャストするっていう。

あ、ZOOで作ればいいのか~

OSGeo.JP コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

gvSIGMini の開発(4)

2010年07月18日[23:15:45]
EclipseのADTプラグインが動かなくても、強引に仕事したんで何とか今のところ最新版が動くようになった。

0.3.0 のtrunkベースだが、ソースが途中書きだったり、リソースが途中までだったりして、結局大分手を入れた。

(そのままだと動かない・・・)

ローカライズは完了して、ひとまず一通り動いたので、さらに改造中。

メモメモφ(・_・")

今のところ、実装上問題があるところとしては

1)アプリケーション機能の気象情報

ロジックとしては

・地図中心の緯度経度を取得
・http://www.geonames.org/ にクエリーして、緯度経度から都市名を取得
・google API で天気情報を取得
 たとえば http://www.google.com/ig/api?weather=%E6%9D%B1%E4%BA%AC
・レスポンスを解析してダイアログ表示

なんだが、

・都市名が詳細すぎる(町名とか)

なので、google APIで天気情報を取得するに至らない。
また、実装してあったソースもURLのクエリー文字列のつくりが間違っていて、正しいクエリーになっていないので、エラーになる。
ここは書き直したいが、コミュニティのソースがどうなるか解らないため、ちょっと保留。
どうせ今回はこの機能は使わないので、丸々ほかの処理にすげ替え中。

2)リソースファイル
コードの一部はそのまま処理内の比較文字列にされていたりするので、ローカライズ時には注意が必要。
values-xx の中身も各国参照してチェック。
どうも0.2.2から載せ替えが中途半端になっていて、まだまだな様子。
このへんも自力で合成して、values-ja を作成。
ソース内のリソースの引き回しに不都合がある部分については、書き換え。


など、、、ちなみに、スペイン語混じってるんで、読むのに時間がかかったり(基本読めませんから)、ドキュメントがほぼ無いんで、gvSIGの方のMLやWikiを読みながら、ロジック書いてねぇよってところは、gvSIG読んで持ち込んだり、、、、
デバッガで適当にあたりをつけてるうちにeclipseが飛んでお亡くなりになったりで、大変手間がかかる。
特にブレークポイントを貼ってステップインした途端、飛んでいくのは困るなぁ・・・
エミュレータも超ノロいし、実機でやる方が早いのか?と思い始めてるが、これをやると今度は自腹携帯がぐちゃぐちゃになるんだろうなぁ(汗

ということで、Palmの開発みたいな雰囲気をかもし始めました。。。
結構楽しい。

0.3.0日本語版はそのうちダウンロードできるようにしときます。
欲しいって人がいれば~

OSGeo.JP コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

gvSIGMini の開発(3)

2010年07月18日[22:33:59]
とりあえず、Eclipseに入れたADTのLayoutEditorが動かなかった件

メモメモφ(・_・")

ネットで検索すると、ADT 0.9.6はバグってるみたいで、これを入れるとLayoutEditorが起動しないとのこと。
しかし自分の環境をじっと見ると、ADT 0.9.7.....

Nazeeeeeeee------

ひとまず、ADTをアンインストールし、ADT 0.9.5をインストールする。
再起動すると、ADT0.9.6のアップデータがでているという警告がでるが、それはスルーして、再度LayoutEditorでmain.xmlを開くとまたエラーが発生。

(・・?

再度、ADTをアンインストールし、もう一度手動でADT0.9.7.zipを入れなおす。

(この間、エラーが頻発するため、コマンドラインから eclipse -clean.cmd で起動)

お、今度は動いた。

わかったのは、どうも

Location: http://dl-ssl.google.com/android/eclipse/

で引っ張ってくるリポジトリの内容が実ははじめ0.9.6じゃないの?ってこと。

で、ADT0.9.6がいったん入って、それからADT0.9.7にアップデートがかかった場合、正常にアップデートされないってことではないかと推察される。

更新の記録には0.9.7しか残ってないが・・・
うーむ、勉強になった。

LayoutEditor 起動しないんで、手動でコツコツ書くのは大変面倒だったぜ。

現在使用中のWindows7環境がクラッシュ寸前のため、初めはこっちのせいかと思った。
LayoutEditor動くようになったんで、OSを再インストールしたくないが、DirectXを使用したあと、しばしばエクスプローラーが無応答になって死亡されるので、やっぱり再インストールは必要か

orz

OSGeo.JP コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

gvSIGMini の開発(2)

2010年07月11日[23:56:51]
gvSIGMiniのバージョンを0.1xベースにすると、0.2.x以降の作りかけのいらないインタフェースがないので都合が良いのだが、開発環境がNetBeansになってしまう。
とりあえずインポートをして走らせたが、エミュレータがうまく動いてくれない様子。
メモリエラーで落ちてしまうので、こちらをあきらめた。

改めてリポジトリをチェックアウトして、trunkから最新版を使用する。
どうやら0.3.0の様子。
ちゃんと動くのだろうか。

改造するところ:
0.2.0から、マップをある程度ズームすると、中央の現在位置の周りに機能アイコンが周りに出るようになった。
gvsigmini0.2機能アイコン

デフォルトのアイコン機能は、今回必要ないものばっかりなので、別のものにオーバーライトする必要がある。
たとえばWeatherという機能があるが、マップを使う人は大半その近くにいるわけで、これは便利な機能なのかどうか疑問である。
サークル型にアイコンが自動ででるのも、指でタップするためにはアクセスが良いような気はするが、機能について何を出すかはオプションで選択できるようにしておいた方がよさそうだ。

全体的にいうと、この機能を使うのではなくて、ある場所に行ったら周辺のデータを自動で出したいので、そういったユーザー作成の機能サポート自体をプラグイン型のイベントレイヤのようなものにできたら、エンジンとしてはカスタマイズしやすくて、面白くなると思う。

というわけで、自らハードルをどんどんあげてるわけだが、完成するのか?(-"-)

そうそう、gvSIGMiniはGPL2ライセンスなんで、この改造版はいずれ配布する必要がある。
来年だろうな・・・たぶん。

OSGeo.JP コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

gvSIGMini の開発(1)

2010年07月11日[16:26:07]
今年から、OSGeo4WのWindows7対応ローカライズと事例プログラムの開発をおこなってます。
やっとこさ昨年度分の課題も片付き、今年のプログラム開発に取り掛かりました。

で、開発対象はスマート端末とWMSサーバ。
AndroidとiPhoneでGISを・・・・と言われてるんですが、MacBookもiPhoneも持ってねーよ。
自腹で買ったAndroidとFOSS4Gで唯一広くモバイル対応を始めた、「gvSIGMini」を使うことにしました。

JavaMEで作られてるんで、割とあっさりiPhoneにのるハズと思い込んでます。←今ここ

てっきり、Eclipseで皆開発してるんだと思って環境揃えてましたが、ソースコードを一式チェックアウトしてわかったのは、開発NetBeans使ってますってこと。
えーーー、そっち? orz

仕方がない、NetBeansでやってみようか。
だめなら無理やりプロジェクトをEclipseに移植しようっと。

しかし、
FOSS4GでiPhoneのプロジェクトって、OpenLayers3だけ?
他は、バルセロナに行ってみないと分からないかな。

OSGeo.JP コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

Sol Katz Award for Geospatial Free and Open Source Software

2010年07月08日[01:55:57]
JeffMacKenna氏からOSGeoJapan-discussメーリングリストに、"Sol Katz Award"の候補募集のアナウンスがありました。

Sol Katz賞 は、フリー&オープンソースGISの創始期に貢献した人物 Sol Katz を称え、FOSS4Gソフトウェアに貢献した人に対して毎年財団から送られる名誉ある賞です。

Sol Katz 氏にお会いしたことはありませんが、Wikiを読むとどのような貢献があったかを窺い知ることができます。
プロペラ帽子をかぶってるのはなぜなんでしょう・・・?
そして、日本のコミュニティにもこの候補公募があったのですが、それにふさわしい方っているのかな?

ともあれ、日本の Sol Katz を探してみようかと、"GISに貢献された人物" でぐぐってみたのですが、それらしい方誰も書いてませんね。
おそらく、私がGISに入り込んだのが近年なので、GISでは有名な方を存じ上げないからだと思います。Geologistならよく知ってますけど。

誰か該当の人物をご存知の方、OSGeoJapan-discuss メーリングリストに投げてもらうとトリビアになります。

Wikiをごそごそ見ていると、"GIS"のページは"Geographic Information System"になっていて、"Geospatial Information System" は平成19年8月29日から施行された云々となってますね。英語のページの内容と日本語のページの内容はかなり異なっているのがわかりました。。。orz

もう寝ます。

OSGeo.JP コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

おやじへ

2010年07月01日[09:47:47]
今日は親父の命日です。

親父が亡くなってから一年が経ちました。
昨日は、仕事に行く道すがら、親父が最後まで頑張って息をしているその姿を思い出していました。
6月18日までは、親父が自分でメールを送ってきていました。
それから亡くなるまでは、お袋が親父の写真を送ってくれました。
7月からは親父の姿が映ったメールもありません。

どうしていますか。
また、メールの日付が俺が生きている時間と一緒になるときに、メールを読みます。

おやじとおふくろ コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。