カレンダー
    08 ◇ 2010/09 ◇ 10

    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

プロフィール

    ぴかぴか

    • Author:ぴかぴか
    • 暑い日が続きますね。
      私は暑いの大好きです。



      姫路で暮らして、大阪で仕事。
      日常の興味のあることや、OSGeoの事とか書いてます。
      競馬もほんの時々。


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 コメント:- トラックバック:- [Edit]  Top Page.△

リヨンの街

2010年09月20日[01:01:01]
FOSS4G2010のカンファレンスの前にZOO Projectのワークショップ準備などあり、リヨン~モンペリエに立ち寄りました。

リヨンは3LIZの Nicolas Bozon さんが住んでいる街。
到着したのは夜だったので、こんなに美しい街だとは思いませんでした。
Nicolasが自慢していたのも分かります。

DSC00495.jpg

街並みの風景の中に映る雲の立体感は素晴らしい。

リヨンの街並み

風景画でよく描かれているシーンは、画家が想像を働かせて筆を走らせたものとおもってました。
そのまま写生しただけとは思わなかったな。

DSC00376.jpg

リヨンの街は大変美しく保存されていて、特に旧市街地は歩いていて楽しい。
この日は休日。
そして昼間と夜、都合20km位歩くことになりました。

写真はまた~
スポンサーサイト

近頃は・・・ コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

Sol Katz Award 2010

2010年09月10日[18:25:43]
昨日は、FOSS4G2010の最終日。

「Sol Katz Award 2010」が発表され、カナダの Helena Mitasova先生が アワードを受賞されました。
長く続けてきたけど、モチベーションが上がったわっと言われていたのが印象的です。

Jeffからの案内
Markusからの受賞者表彰ヘレナ先生のスピーチ

ヘレナ先生は、2007年にOSGeo日本支部のミニイベントに来ていただいて講演をされていて、GRASSのコミュニティでも大変活躍された女性です。
基調講演でもこれまでの教育分野でのGRASSの活動やコミュニティの繋がりを紹介いただいて、若手のストレス発散的な講演とは一味違うスピーチをされていました。

DSC01153.jpgDSC01167.jpg

これまで男性ばかりが受賞となっていましたが、初めて女性が受賞されたことは、FOSS4Gコミュニティにとっても大変大切な意義があることだと思います。


おめでとうございます。

OSGeo.JP コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

今年FOSS4Gは最低でした

2010年09月10日[08:23:12]
今年のカンファレンスは、最低でした。まるでアメリカ合衆国のプロダクトがFOSS4Gをコントロールしているかのようなカンファレンスでしたから!

もし、他のブログでFOSS4Gを褒めているようならそれは何か別の魂胆があっての事でしょう。
特に、WPSの分野において、プロダクトをコントロールしようとする52northと他のWPSグループ全部のトラブルは、今回のFOSS4Gの堕落具合を象徴しているようでした。
私自身は、FOSS4Gはフラットでフェアな団体であるべきと思っています。
当然カンファレンスや組織の運営には多額の資金が必要です。
資金を得るために幾つかの組織が動くのは良いことですが、ヨーロッパにもプロダクトがあって、ローカルチャプターから大勢の人が参加しているのに、元締めみたいな運用がとられ始めているのはどういうことでしょう。

話をFOSS4G2010の出来事に戻しましょう。

WPSのテストベンチマークという発表が9月9日のカンファレンス最終日に行われました。
発表された方は、52northの息のかかった人で、ベンチマークなるものは、どう見てもアンフェアな環境で実施され、WMSベンチマークのように、オープンで公平な環境で行われたものではなかったです。本人は問い詰められて52northと言っていましたが、スライドのヘッダに52northと書いてあるのですから、言い逃れができないと思います。
実際、OGCの仕様に準拠しているかどうかというのは、OGCのテストデータを使用しましたから保証されますというレベルの話ではなくて、どのような結果だったから、ジャッジしたのかという発表があってしかるべきでした。
ベンチマークの対象となったプロダクトのマネージャに何のアナウンスも無く、一方的に52northが優れているという結果を発表するのは、どうみてもクレイジーな行為です。
また、デモするようなことをいっていきなりこけてしまう、プロダクトによってはまだリリースしていないのに?など、本当にテストしたのか怪しい限りです。
当然会場では、このアンフェアな発表に対するクレームが相次ぎ、拍手喝采でクレームへの賛同を得たという結果に終わりました。
私が考えるに52northはかなり思い上がっていて、今回のFOSS4Gでの行為は、リカバリーの利かない大失敗を招いたと思います。強引なハンドリングは、必ず悪い結果を招くでしょう。

いろんな意味で、考えさせられる場面が多いカンファレンスで、OSGeo.orgの創立意義を貫くのなら、World Wide、でFiar managementをするべきだと思っています。

興味深々 コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。