カレンダー
    10 ◇ 2017/11 ◇ 12

    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

プロフィール

    ぴかぴか

    • Author:ぴかぴか
    • 暑い日が続きますね。
      私は暑いの大好きです。



      姫路で暮らして、大阪で仕事。
      日常の興味のあることや、OSGeoの事とか書いてます。
      競馬もほんの時々。


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 コメント:- トラックバック:- [Edit]  Top Page.△

『白夜行』に思う

2006年03月23日[23:52:19]
とうとう終わってしまった。

始まりが終わりで、その終わりの先には不毛の荒野があった・・・

『風と共に去りぬ』をモチーフにしているのか、どのあたりが・・・
もう一回読み直さねば、いや映画観ればいーか^^;

いやしかし、特筆すべきは石丸彰彦。
この作品の中で、心に響くような風景を見せてくれた。

柴咲コウの歌う「影」とともに流れるエンディングの風景は、彼の考える『白夜行』を観念的にあらわしている。
それは時に、息苦しくなるような夕日であったり、空ろな空であったり、何かを求めるかのような懐かしい路地であったり。

とにかく、このストーリーを映像にするうえで、俳優たちの立ち位置にふさわしい風景を都会の中で探し出しているというのは、彼がどれだけ日常の風景を目に焼き付け観察しているかということに尽きる。

もちろん彼一人で成し得たわけではない、スタッフにも恵まれていてこそ完成されたものであるには違いないが、そこに人が集まるからこそ、石丸彰彦という人物の秀でた才能を感じるわけである。

次の作品も楽しみにしよう。

残念なことに白夜行は最終回を除き、修理中のRD-X5とともに消えてしまった(コレが言いたかったのか?)。
あとは6月発売のDVDを見るしかない orz

近頃は・・・ コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

コメント一覧
この記事へのコメント◇
○コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
  • スポンサーサイト『白夜行』に思うのトラックバックURLはこちら
  • http://picapica.blog4.fc2.com/tb.php/189-a0d66535
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。