カレンダー
    09 ◇ 2017/10 ◇ 11

    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

プロフィール

    ぴかぴか

    • Author:ぴかぴか
    • 暑い日が続きますね。
      私は暑いの大好きです。



      姫路で暮らして、大阪で仕事。
      日常の興味のあることや、OSGeoの事とか書いてます。
      競馬もほんの時々。


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 コメント:- トラックバック:- [Edit]  Top Page.△

いじめと自殺とチョットマッタ

2007年02月08日[00:57:30]
大変仕事が忙しいので、ブログを更新する思考の余裕が失われています。。。

一昨日は徹夜でちっちゃい君と2人でポータルサイトのサーバ交換をして、昨日は帰宅してから資料作り、今日は朝6:00の新幹線で東京へ、毎日がてんてこ舞です。
上がてんてこ舞なんで部下たちもてんてこ舞です。。。ごめんなさい。

本日は、晴海トリトンスクエアの近くの晴海グランドホテルに泊まっているのですが、先ほどロビーで会社へ資料をFAXしたついでに産経新聞に目を通すと、「いじめ自殺の両親が国を提訴」という記事がありました。

記事には亡くなられた本人の遺書の一部写真が掲載されておりました。
内容を読んだ俺は、ロビーで涙してしまいました。
ijime.jpg

本人はどのような気持ちで最後にこの手紙をお母さんに書いたのか。
震える文字が、彼女の心情を映し出しており、胸が痛くなりました。

一期一会という言葉があります。
この手紙を読んだ俺は、何をすれば良いでしょう。

この記事で写真の文を読まれた方も、「何をすれば良いか」を考えてください。
テレビでは、著名な方々やタレント業の方々がそれぞれの役割にあった発言をしておられますが、その何%が実際いじめにあっている子供たちの役に立っているのでしょうか?


自分の体験で申し訳ありません。

私は小・中学校時代で直接いじめにあったという記憶はありませんが、いやがらせを受けたことは数回ありました。
黙るキャラクターではないので、不本意ながら?その場で復讐させて頂いた覚えがあります。

やるときは手加減するなという親父の教えもありましたし^^;

当時は未だ、ヒーローブームで育った子供たちぞろいでしたから、1対1での直接対決で、お互い納得のいく決着がつけられたのでしょう。
女性はそうはうまくいかないですよね。
思考が複雑ですので。

私が住んでいた地域は、農家と新興住宅地と市住アパートが立ち並ぶちょっと田舎地域で、いじめにあっていた友達はいました。

彼に対するいじめは、いじめを思いついて言い出す大将がいて、その大将が学校外で遊んでいる最中におもいついた事を、4,5人でいろいろとやっていたようです。

この大将はずるい奴で、学校では一切なにもしない男で、先生の評判はいいのですが、ちょっといけ好かない雰囲気がありました。
帰宅すると、遊びに誘っては、いじめを繰り返していて、自転車を田んぼに隠したり、どこかに置き去りにしたりを繰り返していました。

いじめられた友達は、学校で私達に昨日こんな事があったと教えることもあったのですが、大半は黙っていて、そういう話はいじめた方の大将の取り巻きから漏れ聞こえていました。

何度か大将に、どういうつもりでやってるのかを問いただしたのですが、ニヤニヤして大きなお世話だ偽善者めというような発言をしていたのを覚えています。

10年ほど前、同級生から事故で無くなった人がでて、追悼の意味から同窓会が開かれるようになりました。
それで、昔のいじめの当事者たちも集まったのですが、当時いじめられていた彼は立派なヤクザになっていました。

で、シメシメそういえばと思いついた俺が、当時いじめていた大将に向かって、いじめの昔話を始めたところ、大将はたいそう青くなって、いじめられていた友達が喜んでました。

これもいじめ?

でも、将来なんでどうなるのかわからないなぁと、そのときつくづく人生は面白いものだと感じました。

この話が、いじめに悩んでいる学生諸君の役に立つのかどうかというと、怪しいものです。
解決策があるわけでもない話ですし。

しかし、唯一つ自殺以外に思いついて欲しいことがあります。

それは、「逃げ出す」ことです。

本当に困っているなら、真面目に向き合う必要などないです。
とにかくそこから逃げ出して、時間を稼ぐことが一番良いことです。

  時間を稼ぎましょう。
  子供ですから。

どこへ逃げるのか、どうすればいいのか、勉強は?成績は?
そんな事もいろいろと心配でしょうが。

  あとで何とでもなりますよ。

「山の大きさは離れてから判る」という言葉があります。
いじめられている場所から離れて初めて、冷静な判断ができるようになるのは間違いありません。

死んでしまうくらいだったら、後先考えない放浪は良い事でしょう。

おうちでこもってるのは余り良くないですね。


私たちはすでに両親です・・・
本当は両親に相談するのが良いのかもしれません。
しかし、その両親がもし、少しでも時間稼ぎのように聞こえる意見を言ってしまったらどうでしょう?

   どう思いますか?
   (ワタシノミカタハダレデショウ・・・)

理屈から言えば、自殺をしようと考えるくらい追い詰められているのだから、すでにタイムリミットを越えている状況なのです。
そこで、さらに本人に努力を強いるように諭すようであれば、親の完全な判断ミスとしか言い様がないですから、意見を聞く必要も、頼る必要もないでしょう。

知ってる人が役に立たないのであれば、まったく知らない人を頼るのは良いことです。

そういった子供たちを保護する場所も必要になるのでしょうが、安息の地はどこですか?

Googleで探せますか?

行政は、いつまで世論にまかせてサボるつもりなんでしょう。

そんな大人を待って入られない子供たちを救うにはどうしたらよいのでしょう。

まとまりのない話で申し訳ありませんが、私は、自分の出来ることは精一杯やり遂げたいと思っています。

自分の家族も他人のことも。

皆さんはどうですか、自分のことで精一杯ですか?

教えてください コメント:1 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

コメント一覧
この記事へのコメント◇
『管理人のみ閲覧できます』
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/02/08(木) 02:36:30 | | #[ 編集]
○コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
  • スポンサーサイトいじめと自殺とチョットマッタのトラックバックURLはこちら
  • http://picapica.blog4.fc2.com/tb.php/332-ac873d99
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。