カレンダー
    08 ◇ 2017/09 ◇ 10

    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

    ぴかぴか

    • Author:ぴかぴか
    • 暑い日が続きますね。
      私は暑いの大好きです。



      姫路で暮らして、大阪で仕事。
      日常の興味のあることや、OSGeoの事とか書いてます。
      競馬もほんの時々。


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 コメント:- トラックバック:- [Edit]  Top Page.△

6/18オークニーセミナーの補足

2008年06月19日[08:37:12]
6/18のセミナーで、GPSチップの紹介が、7ns.jpの直鳥氏からありました。
俺も偶然5月末に調べていましたので、紹介しておきます。

「出荷時期が2008年中では」とあのとき言ってしまいましたが、2009年末頃のようです。
訂正いたします~。


デジタル・カメラ向け、1mA消費のGPSチップ (2008/05/16)

homepage_block4.jpg

英Air Semiconductor社は携帯型電子機器向けGPS受信チップ「Airwave 1」を開発
位置情報を得るまでの時間が25ms程度と短く、消費電力も少ないのが特徴。
数km程度の精度の「Coarseモード」と、3~4mの精度の「Preciseモード」を使い分け、
通常は前者で常時位置を把握し、シャッターを押した瞬間に後者に切り替える。
室内では、最後に記録した座標を記憶している。
第一世代はデジタルカメラ市場向けで、2009年第3四半期に量産開始予定。
なお携帯電話向けは第二世代の「Airwave 2」となる。

http://www.eetimes.jp/contents/200805/34685_5_20080520111203.cfm
http://www.air-semi.com/technology/airwave1.aspx


特徴は、

・初期位置算出時間が25msと極めて短い
・消費電流の抑制のため、2モードを搭載していて、外部制御できる
・平均消費電流が1mAと小さい
・RF、DSP、μPを1チップ化していて、OMAPの様な外付けチップがいらない
・geotaggingをサポートしている

ということです。
SAWは別です。
アセロスの「AR1511」が50mA~60mA、coldstart35sなんで圧倒的に速くて省電力

チップインタフェースは、

・シリアル(CAMERA I/F)
・GPIO
・フラッシュIO

とカメラ向けのものを一通り揃えているようです。
また、WiFiや携帯の電波妨害による利得低下が考慮されているとドキュメントにはあります。
ブロック図を見ると、テスト基盤はすぐできそうな位パッケージが整理されています。

コレ↓と組み合わせれば・・・
001l.jpg

「Eye-Fi」に搭載できたら、GPS+SDメモリ+Wi-Fiの新しいメディアカードが出来上がっちゃいますね。このSDカードの無線チップはアセロスなんですが、「Airwave1」とか積んでくれるかなぁ。。。

コンピュータ コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

コメント一覧
この記事へのコメント◇
○コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
  • スポンサーサイト6/18オークニーセミナーの補足のトラックバックURLはこちら
  • http://picapica.blog4.fc2.com/tb.php/412-56a45661
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。