カレンダー
    07 ◇ 2017/08 ◇ 09

    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

プロフィール

    ぴかぴか

    • Author:ぴかぴか
    • 暑い日が続きますね。
      私は暑いの大好きです。



      姫路で暮らして、大阪で仕事。
      日常の興味のあることや、OSGeoの事とか書いてます。
      競馬もほんの時々。


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 コメント:- トラックバック:- [Edit]  Top Page.△

ニャロメ これでいいのか?

2008年08月03日[11:03:48]
朝目が覚めてテレビをつけてみると、赤塚不二夫死去のニュースが流れていた。

う、また貴重な○○○が・・・

子供の頃は、毎日毎日ノートの隅にニャロメを描いてたナァ。
ぱらぱらってやるとアニメみたいになる奴を。

少年マガジンや少年サンデーの表紙が毎週バカボンだったころ、うなぎイヌが出た頃が最高にグダグダだったんだけど、あれも遺伝子操作の話が話題になり始めた頃だったように記憶している。

当時1日のお小遣いは5円だったので、当然サンデーを買うお金が在ろうはずも無く、学校の帰りに駄菓子屋の前においてあるサンデーを立ち読みして、駄菓子屋のおばさんに毎回怒鳴られてダッシュで逃げるってのを繰り返してたな。

翌日は皆ノートに昨日のサンデーのネタをまねして延々描いてる訳で、今から考えると皆頭が悪いようなホッとする様な。。。(^_^;)

中学になったころは自分達でも漫画を描いていたので、バカボンでみた劇画調やらの新しいネタをまねするようになってたのを思い出した。

ところでバカボンの連載では、当時自主規制的に漫画の出版社が行っていた、少年誌向けのタバコの問題であるとか、殺人表現であるとか、そのほか覚えてないが言葉の問題などを敢えて掲載している。
恐らく、「どこまでが自由な表現なんだ」という問いが赤塚自身にあったからだろう。

しかし、古ーーい記憶なんで、思い出しながらと思って天才バカボンWikiを読んでたら、色々と思い出して噴出しそうになった。

亡くなった後も、俺に噴出しそうな笑いを思い出させてくれる、赤塚不二夫先生
ご冥福をお祈りします。

漫画・アニメ コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

コメント一覧
この記事へのコメント◇
○コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
  • スポンサーサイトニャロメ これでいいのか?のトラックバックURLはこちら
  • http://picapica.blog4.fc2.com/tb.php/444-c473613e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。