カレンダー
    08 ◇ 2017/09 ◇ 10

    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

    ぴかぴか

    • Author:ぴかぴか
    • 暑い日が続きますね。
      私は暑いの大好きです。



      姫路で暮らして、大阪で仕事。
      日常の興味のあることや、OSGeoの事とか書いてます。
      競馬もほんの時々。


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 コメント:- トラックバック:- [Edit]  Top Page.△

iPadとFOSS4Gハンドブック出版

2010年06月04日[11:13:50]
昨日は「FOSS4Gハンドブック」なる本の出版ミーティングに出席してました。

iPadを持参された方が二人。
そのうちのおひとり森さんが、ここ2年ほどで目が悪くなってきて、これくらいのサイズが丁度好いと言われてました。
そういえば俺もここ2年ほど老眼が進んで、メガネをかけたりはずしたりすることが多くなったな。
というわけで、老化開発者としてはiPad欲しかったりするわけだけど、買うような軍資金も無く、羨ましく横目(+老眼)で見ておりますー。
MacBookも欲しい。

iPad登場
(しかしスティーブジョブスはどこかジェダイマスターみたいになったな)

最近雑誌で、「iPhoneとらくらくホン」が競り合ってるという話が書かれてました。
目の不自由な方にiPhoneが売れているということです。
「iPhoneにも音声読み上げの機能があって」ということで使ってみたいという希望の方がいるとか。
でもお年寄りに「iPhone」が使えるのかというと厳しいものがありますね。
多機能云々でというより、どんどん衰えていく身体機能の中で、いつまで画面を読み取れたり指で押さえられたりできるのかというところに課題があります。
自分も老眼が進んできて、やっぱり見えないものは見えないよなぁと。

親父は亡くなる少し前まで、SONYの702iでメールを打っては送ってくれていました。
らくらくホンではなくって、ギャル用の携帯で、ボタンも小さいし画面も今一つ小さいので、あの大きな手と老眼でよくこのボタンが押せるねーと思っていました。
でも入院していたある日、「とうとう見えなくなって、指も動かなくて押せなくなって、いまはこれだけじゃ」といってナースコールのボタンを握って教えてくれました。
目も見えなくなって、指の感覚も無くなったと。
メールが打てなくなって、病院に入院した親父とやりとりができなくなって、離れて住むことの悲しさがずいぶん大きくなりました。
so702i_white.jpg


「iPhoneとらくらくホン」を比べるのは話題としては面白いですが、本当に使える道具としては「らくらくホン」が突出していると思います。使えないもので無理やりシェアを奪ってほしくはないです。

しかしながら「iPadとノートPC」を比べたら、iPadかもしれませんね。「らくらくアイフォン」です。

そのうち、Gmailなんかでは、メールアドレスと一緒に本人の音声パターンも登録できるようになるかもしれません。
そうすれば、メールが送られて来たら、本人の音声で読み上げてくれるんです。

そんなことが実現していたら、親父も喜んだかもしれません。

近頃は・・・ コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

コメント一覧
この記事へのコメント◇
○コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
  • スポンサーサイトiPadとFOSS4Gハンドブック出版のトラックバックURLはこちら
  • http://picapica.blog4.fc2.com/tb.php/560-8f0b91e4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。