カレンダー
    09 ◇ 2017/10 ◇ 11

    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

プロフィール

    ぴかぴか

    • Author:ぴかぴか
    • 暑い日が続きますね。
      私は暑いの大好きです。



      姫路で暮らして、大阪で仕事。
      日常の興味のあることや、OSGeoの事とか書いてます。
      競馬もほんの時々。


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 コメント:- トラックバック:- [Edit]  Top Page.△

gvSIGMini の開発(4)

2010年07月18日[23:15:45]
EclipseのADTプラグインが動かなくても、強引に仕事したんで何とか今のところ最新版が動くようになった。

0.3.0 のtrunkベースだが、ソースが途中書きだったり、リソースが途中までだったりして、結局大分手を入れた。

(そのままだと動かない・・・)

ローカライズは完了して、ひとまず一通り動いたので、さらに改造中。

メモメモφ(・_・")

今のところ、実装上問題があるところとしては

1)アプリケーション機能の気象情報

ロジックとしては

・地図中心の緯度経度を取得
・http://www.geonames.org/ にクエリーして、緯度経度から都市名を取得
・google API で天気情報を取得
 たとえば http://www.google.com/ig/api?weather=%E6%9D%B1%E4%BA%AC
・レスポンスを解析してダイアログ表示

なんだが、

・都市名が詳細すぎる(町名とか)

なので、google APIで天気情報を取得するに至らない。
また、実装してあったソースもURLのクエリー文字列のつくりが間違っていて、正しいクエリーになっていないので、エラーになる。
ここは書き直したいが、コミュニティのソースがどうなるか解らないため、ちょっと保留。
どうせ今回はこの機能は使わないので、丸々ほかの処理にすげ替え中。

2)リソースファイル
コードの一部はそのまま処理内の比較文字列にされていたりするので、ローカライズ時には注意が必要。
values-xx の中身も各国参照してチェック。
どうも0.2.2から載せ替えが中途半端になっていて、まだまだな様子。
このへんも自力で合成して、values-ja を作成。
ソース内のリソースの引き回しに不都合がある部分については、書き換え。


など、、、ちなみに、スペイン語混じってるんで、読むのに時間がかかったり(基本読めませんから)、ドキュメントがほぼ無いんで、gvSIGの方のMLやWikiを読みながら、ロジック書いてねぇよってところは、gvSIG読んで持ち込んだり、、、、
デバッガで適当にあたりをつけてるうちにeclipseが飛んでお亡くなりになったりで、大変手間がかかる。
特にブレークポイントを貼ってステップインした途端、飛んでいくのは困るなぁ・・・
エミュレータも超ノロいし、実機でやる方が早いのか?と思い始めてるが、これをやると今度は自腹携帯がぐちゃぐちゃになるんだろうなぁ(汗

ということで、Palmの開発みたいな雰囲気をかもし始めました。。。
結構楽しい。

0.3.0日本語版はそのうちダウンロードできるようにしときます。
欲しいって人がいれば~

OSGeo.JP コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

コメント一覧
この記事へのコメント◇
○コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
  • スポンサーサイトgvSIGMini の開発(4)のトラックバックURLはこちら
  • http://picapica.blog4.fc2.com/tb.php/567-126178ff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。