カレンダー
    05 ◇ 2017/06 ◇ 07

    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

    ぴかぴか

    • Author:ぴかぴか
    • 暑い日が続きますね。
      私は暑いの大好きです。



      姫路で暮らして、大阪で仕事。
      日常の興味のあることや、OSGeoの事とか書いてます。
      競馬もほんの時々。


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 コメント:- トラックバック:- [Edit]  Top Page.△

WebMGSとFOSS4G2010(その1)

2010年08月28日[00:00:00]
8月24日から、イタリアのComoにあるミラノ工科大学で行われる「WebMGS」とバルセロナで開催される「FOSS4G2010」に参加しに、初めてヨーロッパに行っています。
テレビや写真で見るだけで知ったつもりでしたが、実際に訪れるとずいぶん美しい風景や街並みにリラックスしました。次にいついけるかは解らないので、いっぱい写真と動画を撮ってます。。。


アルプス辺り ヨーロッパを飛行機から眺める

初めてのヨーロッパの風景です。
高い山のテーブルトップに氷河が見えました。
トルコ空港のターミナル 待機中のトルコ航空機

同じ航空会社ばっかりでちょっと壮観です。
トルココーヒ トルココーヒ

イスタンブールで飲むトルココーヒは初めて!
トルコアイス トルコアイス

イスタンブールまで長時間のためお腹が疲れていて流石にアイスまでは手を出せません
トルコ空港のターミナル トランジットのフロア

イスタンブール空港のトランジットフロアはこんな感じでした。
マルペンサ空港の通路 マルペンサ空港

やっとイタリアに到着。お尻が痛くなりました。
Eugenioの家の庭 Eugenioの実家の庭

EugenioとEmiさんが空港まで迎えに来てくれていて、Eugenioの車で彼の実家に来ました。田園風景のきれいなところで、庭から外の美しい風景が良く見えます。いいなぁこんなところで生活できるなんて。
Eugenioの実家の犬 Eugenioの実家の犬

でっかい割に甘えん坊?上目遣いの目がかなり可愛いです。撫でてほしいそうなんで、グリグリしときました。
プジョー206 PioneerCDはパネルがはずせる

Eugenioのプジョー206にはPioneerのCDプレイヤーがついてます。正面のパネルは取り外すことが出来て、盗難に会い難い様になってます(笑
ミラノまでの電車のチケット 電車のチケット

Eugenioの実家でオレンジソーダをごちそうになった後、トランクを置いて車で駅まで送ってもらって、電車でミラノ観光に行きました。
ミラノまで2.75€です。
ホーム ホーム

丁度電車が入ってきてるところ。ミラノ行ではありません。
ミラノ行の電車 ミラノ行電車

イタリアの電車は、古くなっても長く使われているそうです。新しい電車と古い電車が並んでいて、残念ながら古い電車に乗ってゆくことになりました。
電車の中は2階建て 中は2階建て

車両は2階建てになっていて、窓が開けられてちょっと眺めの良い2階に行きました。
乗車記念写真 乗車記念撮影

こんな機会はめったにないので、記念に写真を撮りました。
回るところを地図でチェック中 散策場所を確認中

EugenioとEmiさんはミラノの散策するところを地図で確認中です。ディジタルでなくて紙地図。
駅にあるピザ屋さん 駅にあるピザ屋さん

さすがにちょっとお腹がすいてきたので、駅のピザ屋さんでピザをひとつづつ買いました。
でかいピザ、一人分 買ったピザ

モッツァレラチーズとトマトのピザをかったのですが、1切れがでかい!生地の厚いタイプのピザでお腹一杯になりました。この先もきつそうな予感
歩いて散策 散策中

お腹も膨れたので早速散策に出かけます。
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院 サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院

この修道院にはレオナルドダビンチが描いた「最後の晩餐」の絵が飾られています。
修道院の中庭 修道院中庭

この中庭の風景をダビンチも見たのかと思うと、感激です。
チケットで予約しないと入れない 拝観のチケット

最後の晩餐は絵画の傷みが激しく、保存状態を可能な限り保つために、拝観時間と人数、回数が制限されています。
鑑賞は人数制限がある

拝観場所の出入り口には2重のチャンバー室が設けられていて、外気の出入りが可能な限り無いように考慮されています。
ちいさな写真が出口にある 出口に全体の写真

拝観場所では本物は撮影できません。その代り、出口に全体の写真が飾られています。
本物はかなり傷みが激しく、鮮やかさが失われて壁画全体が淡い感じのイメージに見えます。美術の教科書では、遠近法の例として、この絵が取り上げられていますが、食堂屋内の壁画としてみると、パースが少し上方にずれていて、意図したものかどうか?と思います。壁画の上部の天井にも本来は絵画が描かれていたそうなので、それらと組み合わせて、元の鮮やかな壁画であったなら、厳粛な印象が与えられていたことでしょう。
ローマ時代の教会 ローマ時代の教会

修道院の後は、ローマ時代の古い教会を訪れました。
ローマ時代の教会

壁の飾りの一部はローマ時代のお墓の銘板です 壁の飾り
壁の飾りの一部はローマ時代のお墓の石板をそのまま使用したものだそうです。
壁の飾りの一部はローマ時代のお墓の銘板です なるほど
よく見ると、そんな感じに見えます。
回廊 回廊
壁のモニュメントがあるところは回廊になっています。
聖堂 聖堂の内部
中はかなり広くて中央に祭壇があります。
ブラザーの遺体が安置されています 遺体の安置
聖堂の両サイドも祭壇になっています。ここには過去のブラザーの遺体が安置されています。
ローマ時代の柱や床の上に新しく床を敷き詰めている ビフォア・アフター
ローマ時代の聖堂は、イタリアに新しい支配が訪れたのち再構築されました。柱の基礎や床はローマ時代の物の上に作り直されたことがわかります(と教えてもらいました)。確かに玉石はローマ時代の特徴です。
モザイクで描かれたドームの絵 ビフォア・アフター
ローマ時代の聖堂は、イタリアに新しい支配が訪れたのち再構築されました。柱の基礎や床はローマ時代の物の上に作り直されたことがわかります(と教えてもらいました)。確かに玉石はローマ時代の特徴です。
ミラノ大聖堂 ミラノ大聖堂
ミラノ一の観光スポット、ミラノ大聖堂です。案内されるまですっかり忘れてましたが(汗
しかし、巨大で美しい!!
ハトに餌やり商売にひっかかってるところ ハトに餌やりその後は?
ハトに餌をやれっていうアングロサクソン系のおっさん2人が現れて、無理やり手にコーンを握らせてくれました。
俺は写真撮りたかっただけなんだが~
んで、その後は、リストバンドを10€で買えって要求してきました(笑
コーンの分はお疲れ様で払ってやってもいいけど、10€とは図々しい!Emiさんと断ってる間に、Eugenioがリストバンドを付けられて、20€に値上がりしてます。
仕方がないので、2€に値切って、文句言われている間にお礼を言ってさっさと退散しました。
おっさんたちはそのあと、ポリスに追い払われたようです。
聖堂の中 ミラノ大聖堂の中
とにかくすごく巨大!床も一面大理石のタイルで作られた模様が敷き詰められていて、装飾が素晴らしい。
巨大なステンドグラスで飾られている 内部のステンドグラス
ステンドグラスには、聖書の中の物語のシーンが多く描かれていて、とても細かな彩色がされています。
10m位の高さがあるステンドグラス 建物の上部まで届くステンドグラス
DSC00099.jpg
ミラノ大聖堂の外壁の彫刻 外壁の彫刻
10年以上修復しているということで一部は広告のスクリーンがある 外壁の修理
大聖堂はずっと修復を続けていて、この写真の箇所は10年以上も修理中とのことでした。
この場所の写真を撮影している側は高級ブランドの店舗が立ち並んでいて、行き交う人も多いため、広告スペースの効果があります。
ショッピングモール

OSGeo.JP コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

コメント一覧
この記事へのコメント◇
○コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
  • スポンサーサイトWebMGSとFOSS4G2010(その1)のトラックバックURLはこちら
  • http://picapica.blog4.fc2.com/tb.php/574-7da78c8c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。